青森市・五所川原市の仕出し弁当・会議弁当の宅配なら株式会社木戸食品

スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ

北海道新幹線の試乗と 次男の帰郷

 

 

青森市・五所川原市で、弁当の仕出し・宅配なら木戸食品

 

 

こんにちは 社長の木戸宏文です。

2016年4月17日の日曜日、今日も7時から、頑張って調理を開始しています。

 

配膳風景-2

毎朝、スタッフのみなさん、

            ありがとう!!

 

外ヶ浜町は曇りです。高気温12℃。

昨日までの西風とうって変わって、東風(ヤマセ)が吹き始めました。

 

今日も美味しいお料理を5件のお客様にお届けいたします。

お楽しみにお待ちくださいね。

 

 

さて、3月26日に北海道新幹線が開通して、本州最北端の新幹線の駅となる

「奥津軽いまべつ駅」が開業しました。

 

駅-2

 

ところが、機会がなくてまだこの区間新青森駅 新函館北斗駅

 

私は、まだ乗車していません。開業した奥津軽いまべつ駅にも訪れていません。

 

外ヶ浜町商工会の幹事を務めている私、そのつながりで、

3月26日の開業の前に、北海道新幹線の試乗のご招待がありました。

 

ところが、、、、。

 

試乗の区間が、新函館北斗駅 木古内駅

ナノデシタ!   「アッチャー!」

 

ということは、

 

従来ある津軽海峡線 「 白鳥 」の下り列車で、地元の蟹田駅から函館駅まで行って(自腹で)

そこから、新函館北斗駅に移動し(自腹で)、北海道新幹線に試乗させてもらって【 無料 】

木古内駅から、また、津軽海峡線 「 白鳥 」の上り列車で

蟹田駅まで帰ってこなければならないのです。(自腹で)

 

ナント手間とお金のかかる、招待試乗でしょうか。

 

そんなことをしないで、新青森駅 奥津軽いまべつ駅 の試乗だったら、

カンタン、かつ安く済むのに、、、。

 

JRさんも融通がききませんね。(いや、失礼しました。)

ということで、試乗の招待は、ご遠慮申し上げました。

 

—————————–

 

さて、開業から23日経った今日、4月17日、

東京の青山学院大学2年生の僕の次男が、運転免許証の試験の為、帰郷します。

 

三歳の頃、こんなんでしたが、、、。

木戸宏紀 3歳

木戸宏紀 3歳

 

今や、

木戸宏紀-19才-2

木戸宏紀 19歳

 

今年の8月、成人式です。月日のたつのは、早いです。本当に。

 

そんな次男が、東京駅から東北新幹線・北海道新幹線を乗り継ぎ、

新青森駅経由で、奥津軽いまべつ駅で下車し、帰ってきます。※車で迎えに行きます。

 

 

つまり先を越されてしまった私です。実に残念。

 

生まれ育って53年の津軽半島を、駆け抜ける北海道新幹線に、

1日も早く、乗ってみたいものです。

気持ちいいダローナー!きっと。

 

—————————

 

ところで、数日前の東奥日報の一面に、奥津軽いまべつ駅の降乗者数が載っていました。

 

開業以来、1日平均90人。

この数字を見ての感想ですが、、、、。

 

私 「 え~、たった、それだけ~!?

 

妻 「 え~、そんなに沢山、乗り降りする人いんの~ !? 」

まま

 

と、全く正反対なのでした。

 

さて、この90人、あなたは、どうお感じになりますか?

 

**************************************

 

青森市・五所川原市で弁当・寿司・オードブルの宅配・仕出しなら木戸食品

 

お膳、折詰、皿盛り、オードブル、寿司、高級弁当、

茶わん蒸し、寄せ鍋、お吸い物、お刺身、お蕎麦

その他、ご要望に合わせまして、調理・お届けいたします。

 

————————————————————

 

木戸食品では会議、研修、セミナー、打ち合せ、ミーティング、勉強会、

送別会、歓迎会、女子会、卒業式、入学式、入社式、接待、役員会、

上棟式、長寿祝い、 改装記念、法事、法要、葬式、スポーツ大会、

発表会、町内会,食事会、節句、行楽、花見、誕生会など

様々なシーンにあったお弁当をご用意しています。

 

tel:0120-49-0489

注文方法はこちらから

ページの先頭へ戻る